沖縄の海の危険生物「ウンバチイソギンチャク」と「アンボイナガイ」

沖縄の海で、シュノーケリングを予定している方も多いと思います。
しかし、海中には様々な危険生物が潜んでいますので、プレイする際は十分に注意しておきたいものです。
ここでは、沖縄の海に潜んでいる危険な生物を紹介します。

・ウンバチイソギンチャク

沖縄の海は澄んでいてとてもキレイですが、この海の中には様々な種類の危険生物が生息しています。
そしてその1つが、この「ウンバチイソギンチャク」になります。
ウンバチイソギンチャクというのはおわん型の形で、褐色の海藻みたいな姿をしています、
また、その姿で周りにあるサンゴなどに溶け込んでいますので、海中に慣れてないないと発見するのは難しいと言われています。
その中には、サンゴ礁のリーフの中に生息しているものもいますので、シュノーケリングをしている最中に、不意に触ると被害に遭うことあります。
シュノーケリングの最中に被害に遭った人もいますので、これから沖縄の海に行く人は注意する必要があります。
ウンバチイソギンチャクに近寄らない、触らないようにするのはもちろんのこと、素手のままでシュノーケリングをしないことも大切です。
この生物は、体の中に刺胞球と言う毒入りのカプセルがあり、そこには強力な毒がありますので気をつけましょう。

・アンボイナガイ

沖縄の海にいる危険生物と言えば、この「アンボイナガイ」も忘れてはいけません。
アンボイナガイというのは、10cm程度の殻を持大きな巻き貝のことで、外には赤茶色をした網目模様があります。
アンボイナガイには毒銛があり、これで人などを刺しますが、それは神経毒ですので、たとえ刺されても痛みはあまりありません。
体がしびれる程度ですが、シュノーケリングなどの最中に刺されてしまうと、溺れることもありますので注意する必要があります。

・海に潜る前にリサーチしておきましょう

沖縄の海には様々な種類の危険生物が潜んでいますので、シュノーケリングなどのマリンスポーツをする際は十分に注意してください。
どのような生物が潜んでいるのか、海に潜る前に調べておきましょう。

関連する記事