危険生物の危険性を理解しておきましょう

海中には多くの危険生物が潜んでおり、それは沖縄でも同じです。
危険生物の中には猛毒を持つものも少なくなく、最悪、死に至ることもありますので注意しておきましょう。
ここでは、沖縄の海にいる危険生物やその対策方法を紹介します。

・沖縄の海にいる危険生物「ダツ」

観光などで、沖縄の海でのマリンスポーツを計画している方も多いことでしょう。
特に夏場などはたくさんの人で賑わいますが、海中に潜む危険生物の存在にも注意しておきましょう。
そしてその危険生物の1つがこのダニで、この生物は「天然ミサイル」とも呼ばれています。
他の危険生物とは異なり、ダツは毒は持っていませんが、海中に潜む他の毒魚より危険な生物と言われています。
これは天然ミサイルという名前を見ればわかります。
ダツは魚ですが、地上にいる人間を攻撃してくるのです。
水中から人に狙いを定めて飛んでくるその姿は、まさに天然ミサイルそのものです。
ゲームでおなじみのスーパーマリオの中に「プクプク」がいますが、ダツはそのプクプクの尖った生き物になります。
「魚が飛んできてもたいしたことないのでは?」と思う方も多いと思いますが、それは大きな間違いです。
ダツの口はかなり硬く鋭くなっていますので、一度向かってきたら人に刺さります。
そして刺さった後は、自らの体を回転しながら、その傷口を広げていくのです。
このように凶暴な生物ですので、できるだけ近寄らないようにしてください。

・事前リサーチをしっかりしておきましょう。

観光などで沖縄の海に行く際は、危険生物がいるのかどうか、事前にリサーチしておくようにしてください。
リサーチの方法ですが、ホームページでの調査や、旅行会社に尋ねたりするのもいいでしょう。
様々な方法がありますので、きちんとリサーチしておくことが大切です。

・危険性を理解しておきましょう

沖縄の海には多くの危険生物がいますので、訪れる前にその危険性をきちんと理解しておくようにしてください。
不明な点については旅行会社の担当スタッフに聞くなど、事前準備をしっかりしておくことが大切です。

関連する記事