シュノーケリングで良く起こる事故の原因

マリンスポーツにも色んな種類がありますが、その中でも手軽にできることで人気があるのがシュノーケリングです。
みなさんの中にも、興味がある人は多いかもしれません。
しかし、事故も良く起こっていますので、プレイする際は注意しておきましょう。
ここでは、シュノーケリングで良く起こる事故の原因を紹介します。

・パニック症状

シュノーケリングで良く起こる事故の原因としては、まずこのパニック症状があります。
実際に経験した人もいるかもしれませんが、実は、バニックが原因となって起こる事故は、結構、多いことでも知られています。
そして、パニックの原因になる事項としては、以下の点が挙げられます。

  • 海中で危険生物に遭遇した
  • 足を痙攣した
  • 海水を誤飲してしまった
  • 道具の使い方を誤った

など様々な事項があり、このような事態が起こると、誰でもパニックになる可能性はありますので注意しておきましょう。
一度パニック状態に陥ってしまうと、大きな事故になりかねません。
ですので、事前に対策をしっかりしておくことが大切です。

・危険生物

沖縄の海はキレイなことで知られていますが、実は海中には数多くの危険生物が棲息しています。
この危険生物の中には毒を持つものも多く、刺されてしまうと命を落とす可能性もありますので注意する必要があります。
危険生物と言えば次のものが有名です。

・オニヒトデ

オニヒトデ直径約30cm程度の生物で、多くの腕を持ち、全身を有毒なトゲで覆われています。

・アンボイナガイ

この生物は口内に毒針を隠し持っており、その毒針に刺されて死亡した事故も起こっています。

・ウミヘビ

ウミヘビは強い神経毒を持ち、刺さると危険です。
その他にも多くの危険生物が潜んでいますので、シュノーケリングをする際は注意しておいてください。

・事故に注意してください

沖縄の海でシュノーケリングを予定している方も多いことでしょう。
シュノーケリングは事故も起きやすいので、プレイする際は十分に注意しながら行ってください。

関連する記事