危険生物、「オニヒトデ」と「アンボイナガイ」に気をつけてください

沖縄の、青くキレイな海で、シュノーケリングを予定している方もいるでしょう。
海はとてもキレイで気持ちいいですが、海中には危険生物もいますので注意する必要があります。
以下で紹介する生物がいたら、近寄らないようにしてください。

・オニヒトデ

沖縄の海に潜んでいる危険生物としては、まずオニヒトデが挙げられます。
オニヒトデというのは珊瑚礁に生息している生物であり、キレイなサンゴを食い荒らすことで知られています。
そのような事情もあり、ヒトデが多い地域では、ボランティアや海人たちが駆除することもあるようです。
オニヒトデという名前の通り、全身が棘で覆われた大型のヒトデであり、その大きさは30~40cm程度のものが多いです。
このヒトデは、昼間の時間帯はサンゴに隠れていることがありますので、シュノーケリングなどで潜ったりする際は注意しておいてください。
また、色も多種多様であり、その中には、他の種類と間違えてしまう人もいるようです。
オニヒトデに刺されてしまうと強い痛みを生じ、長い時間、あるいは数日間、痛みが続くことがあります。
特に、シュノーケリングを行う際は注意しておきましょう。

・アンボイナガイ

沖縄の海にいる危険生物の中には、このアンボイナガイも注意しておきましょう。
アンボイナガイは、体に付いている殻の大きさが10cm程度の大きな巻き貝です。
アンボイナガイも他の危険生物と同じように毒銛を持っていますが、これは神経毒ですので、刺されても痛みはあまり感じません。
しかし、刺された後は、体が痺れてくることがありますので注意する必要があります。
マリンスポーツをする際に刺されてしまうと溺れる危険性もありますので、特に初めての方は気を付けてください。
海に入る際は、細心の注意を払うことが大切です。

・海に入る際は工夫も必要です

沖縄の海にいる危険生物、「オニヒトデ」と「アンボイナガイ」を紹介しました。
どれも触ると危険ですので、見つけても絶対に近寄らないでください。
海に入る際は専用のスーツを着るなど、工夫しておくといいでしょう。

関連する記事