沖縄の海では「アカエイ」と「オニカマス」も要注意です

海の中には様々な種類の危険生物が潜んでいますが、沖縄の海にもいますので注意する必要があります。
また、シュノーケリングを予定しているも要注意です。
以下のように、沖縄の海には様々な危険生物がいますので、マリンスポーツなどする方は気を付けましょう。

・アカエイ

沖縄の海には危険生物が多いと言われていますが、このアカエイも注意が必要な生物です。
アカエイは気持ち悪いだけで、特に戦闘能力はないようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが。
実際に見てみるとわかりますが、爪、牙、棘はもちろんのこと、手や足もありません。
このように一見、何も問題なさそうに見えますが、だからと言ってちょっかいをかけると痛い目に遭います。
前述のように手も足もありませんが、アカエイにはただ1つしっぽが付いています。
そしてこのアカエイのしっぽには、大きな棘が付いており、そこに毒が隠されているのです。
アカエイの毒は人をも殺す力がありますので、十分に注意する必要があります。
何もしないからとちょっかいをかけるのは、もってのほかです。
沖縄の海でシュノーケリングをする際は、アカエイに近寄らないようにしましょう。

・オニカマス

沖縄の海にいる危険生物としては、このオニカマスにも注意してください。
オニカマスは結構大きな生物でもあり、大きいものになると、2m程度の生物も存在しています。
このオニカマス、かなり凶暴になって人を襲いますので、海中に潜る際は注意を払う必要があります。
そして写真ではわからないことが多いですが、そのアゴの中には鋭い牙がたくさん並んでいます。
これで噛まれてしまうと、人の肉はあっという間になくなってしまいます。。
このようにかなり凶暴な生物ですが、ある程度沖に棲んでいますので、安全な場所にいれば特に心配する必要はないでしょう。
しかし、シュノーケリングやボート釣りをする際は注意しておいてください。

・凶暴な生物もいます

沖縄の海に潜んでいる危険生物、「アカエイ」と「オニカマス」を紹介しました。
どちらも人の命を奪うほどの力がありますので、海に入る際は注意しておいてください。

関連する記事